看護師 転職 好評5社まとめ

看護師の転職は民間と大学病院どちらが良いか

看護師が転職を行う際には、病院選びも重要です。病院にも大学病院や総合病院、民間の病院、個人経営の小規模なクリニック、さらに都心部や地方などで様々な規模の様々な施設があります。働き方やシフト、人間関係などもそれぞれの施設で違いがあります。転職の際は、あらかじめ自分がどのような働き方をしたいのか、どのようなスキルを身に付けたいのか、整理しておくと良いでしょう。

 

大学病院や都心部の規模の大きな総合病院の場合、民間の病院よりも忙しく、激務であることが多いです。
しかし、最新の設備が揃っており、難病や特定疾患についての知識も増やすことができ、勉強になることやスキルアップ、キャリアアップにつながることも多いでしょう。より知識や能力を深めたいという人に向いています。
採血や点滴といった補助的な医療行為はほとんどが医師の仕事で、看護師の業務は看護がほとんど全てとなるでしょう。率先して色々な業務を行いたい、色々な疾患を診て、幅広く動きたい人にとっては窮屈に感じるかもしれません。看護師としてよりキャリアを積みたい人は大手の病院を目指すと良いでしょう。

 

民間や地方の個人クリニックに転職しようとする人は、大手病院の激務に疲れて、という人が多いようです。
ただし、小さなクリニックの場合は、合う合わないといった個人差があり、少人数の為に人間関係が難しかったりするデメリットもあります。給与も大手病院に比べると比較的少ないところが多いようです。
それぞれにメリットとデメリットがあるため、あらかじめ自分にとっての優先順位をはっきりさせておきましょう。

 


このページの先頭へ戻る